FC2ブログ

社会保険労務士試験

だいぶ書くのが遅くなってしまったが、この前の日曜日に社会保険労務士の試験があった。
私は新潟県で試験が行われていないため、この試験を群馬県で受けた。
行政書士試験のように全国で行われれればいいのになぁとつくづく思う。

試験会場までの所要時間は高速道路使って約3時間。
この試験は長丁場で、午前・午後を合計すると4時間50分になる。
ちなみに私が受けたことがある最長の試験は、とある公務員試験で全部で7時間ぐらいのものがあった。
このことに驚く人もいれば、一方で「1日で済む試験ならいいじゃないか」という人もいると思う。
特に旧司法試験の論述(論文形式試験)では3日費やす上に、その1日の途中で万年筆のインクが必ず切れるくらいたくさん書かなければならないと聞いたことがある。

今回の試験はすべてマークシート試験なので、万年筆やボールペンで書くと無効になる。なので、鉛筆かシャープペンシル、そして消しゴムが必要になる。さらに、鉛筆用に鉛筆削りもいる。

私はシャープペンシルは2本、鉛筆は3本、消しゴムは2個、そして鉛筆削りを持っていってこの試験に臨んだ。これくらいあると、一つくらい落としたり壊れたりしても気にせずに試験に臨むことができる。
こういう試験では鉛筆や消しゴムなどを落としたからといっても、勝手に拾うことができない。必ず試験監督に拾ってもらうか、許可を得て拾わなければならない。

マークシートなら、5つあるうちの一つを選ぶだけだから簡単だろうと思われるかもしれない。
しかし、決して簡単ではない。カンで選んでいくつも正解できるほど甘くはないし、選択肢も非常に細かいことを聞いているうえに、引っ掛けも入っている場合があるので、正しく理解していないと選択できない。5つのうち2つまで絞ることはさほど難しくないが、その2つを正しく選ぼうとすることが特に難しかったりする。

この試験の場合、これがもっとも厄介なのだが、各科目ごとに「あしきり点」が設定されている。
たとえば、「労働基準法・労働安全衛生法」「国民年金法」「労働保険に関する一般常識」などの科目にそれぞれ何点以上取らないとダメというのがあり、「国民年金法は苦手だから捨て科目にして、代わりに労働基準法を完璧にしよう」というのが通じないのである。
去年の試験では「健康保険法」が異常に難しくて当初のあしきり点では合格者が異常に少なくなるというので、救済措置が取られた。(1点取れればいいということになった。が、それでもダメな人も多数いた)
そして、こういう科目の関係上最近の法改正が非常に多く、落ちると改めてその部分は勉強しなおしになる。また、労働基準法から勉強を始めていって、最後のほうまで一通り終わる頃には、また労働基準法忘れたとかいうことがよくあるので、最後まで密度の濃い勉強が必要になると思う。
また、行政解釈(法律はすでにできているが、それをどう運用するかということ)を覚えることも重要である。個人的にな意見としては、法に抜け道がある→それを使って脱法行為を行う者が出てくる→それを防ぐために行政側の解釈でその穴をふさぐ→そのうち再度法改正されて正式に穴がふさがれる
というパターンが労働関連法には多いように思うので、なおのこと難しい。

ちなみに行政書士試験の場合は、行政解釈よりも判例の方が重要で、たとえば今日家に届いた最高裁判官の国民審査の案内(どの最高裁判事がどんな判決でどんな判断をしたのかなどが書かれている。たいていの場合、衆院選の各政党のものは見られても、こちらは無視されてしまう)を見ると、(今回は特に)ものすごくたくさんの新判例が出ていることが分かる。これをしっかり理解しておかなければならない。

今朝、これを食い入るように読んでいたら母親に怪訝そうな顔をされた。

試験のほうは、父親運転の車で会場まで行き、私を会場に下ろす。そして、終了間際にまた会場まで来て私を拾って帰るという手はずになっている。(同じ事を多くの人が考えているので、特に帰りは渋滞する。よくないことだとはわかっているのだが…)
試験の間に両親が群馬観光…ということになっている。これが「恒例行事化」しつつあるので、これを今回で最後にしたいところである。

試験を受けた感じとしては、去年よりもだいぶマシで(特に「健康保険法」)、前日・前々日に確認した場所が結構出てきて救われたといったところである。

ただ、本当にどうなのかは分からない。ネット上、または資格受験予備校が回答速報を出しているが、大体の場合どこかしらで正答が食い違っているところがある。前述したようにあしきり点がある試験なので、それにかかるかどうか微妙な人は発表ま重い気持ちですごすことになる。
発表は11月6日なので非常に長い間そんな状況になる。

そもそも、「受験のプロ」たちが食い違うような問題はたいていは「悪問」(難問という意味ではない)だったり「出題ミス」だったりする。これを没問として、すべての受験生に点を与えるか、何もしないかは合格発表時にならないと分からない。

ならばいっそのこと「答え合わせしない」というのも賛否両論あるが一つの手ではある。
私はそういうことにしている。落ちてからどこを間違えたのか確認して来年に備えたとしても遅くは無い。むしろ「何で間違えたのか」が明確になってから勉強したほうがいいとおもう。

それに、この試験の場合は合否をすぐにはっきりさせてすぐに何かの行動を起こさなければ手遅れになるということはない。「否」だったとしても、12月ごろから再開しても問題は無い。むしろ、落ちたの分かってからすぐに来年に備えて…とやっても、気力がもたないケースが多いらしい。8月末から11月末までの3ヶ月くらい充電したほうが効果的な勉強ができるという意見も多い。(この試験の場合、ほかがほぼ完璧でも、1点足りずにあしきりに一つだけ引っかかっても落ちるケースが多い。こういうのは精神的ダメージが極めて大きい。それなら勉強不足で「まるで歯が立たない」のほうがマシだと思う)

このブログにこの件を書き込むのが遅れたのは、こうした精神的疲労も原因だったりする。
こんな理由で疲労するというのは信じられないかもしれない。だけど、この試験は本気で受かろうとするほど一気に疲労がたまるように思う。

とにかく、この件については発表まで「忘れる」ことにする。

大塚行政書士事務所 http://gyousei.ohtsuka-office.jp/index.html



にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



社会保険労務士試験申し込み

今日、社会保険労務士(社労士)試験の申し込みをしてきました。

以前から申込書は書いており、社労士試験の受験資格を証明する書面のコピー(大学の卒業証書)を同封し、郵便局に行き、そこで振込みをした控えを封筒に入れて、そのまま簡易書留で出してきました。

なお、この社労士試験の受験資格は思いのほか広く、列挙するだけでものすごい数になるの(とはいっても、陸軍士官学校卒とか海軍兵学校卒とか、若くても明らかに80歳過ぎの人しかいないようなのも列挙されているのですが)ですが、多くの人は大卒資格か、行政書士資格で受けているようです。

社労士試験は8月の下旬に行われるので、一生懸命勉強しないとです。
こういう時は本当に時間がたつのが早く感じます。

行政書士と社労士との資格の相性もよく、行政書士と社労士と同時に稼動させることができれば、より広い範囲の業務を行うことができます。
この辺は、行政書士と司法書士とかの関係と似ていると思います。

社労士資格を取得できて、開業したあかつきには、地域に密着した業務を考えています。
それも、労使ともに発展できる助言ができるような。

多くの社労士の方のWebサイトを見ると、経営者側のほうしか見ていない感じを見受けられますが、本来、経営者(雇用主)も労働者(被雇用者)もともに発展してこその企業だと思います。
社労士法の第一条の理念もそうであるはずです。


大塚行政書士事務所 http://gyousei.ohtsuka-office.jp/index.html



にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

行政書士試験合格発表

本日、財団法人 行政書士試験研究センター
http://gyosei-shiken.or.jp/
から平成20年度行政書士試験の合格発表がありました。
まずは、合格された方、おめでとうございます。

発表によると、今年の合格率は6.47%でした。去年は8.64%だったことを考えると、若干難化したといってもいいでしょう。
とはいえ、すでに去年合格していた身としては、こういうのって些細な数字に思えてしまうのですが、当事者からすれば結構おおごとなんですよね。

最近では平成14年度の合格率が20%近くの時があるかと思えば、平成15年、平成17年の合格率3%切りがあったりもするので、受験生にとってはこの合格率は本当に気になります。

この試験は、全体の6割取ることさえできれば(ただし、科目での脚きりがあります)合格できるわけですが、その6割に達する人が本当に少ないし、受けた身としてはそれが大変だと言うのはよくわかります。

ところで、私が今の職場に最後に出社したのが先月の26日でした。
いまは、たまりにたまった有給休暇を消化中の身です。今のうち、実務に役立ちそうなことをいろいろしておかなければいけませんね。

開業のための勉強

前職を事実上退職したのは12月26日でした。(実際は有給休暇の消化が完了した日が正式な退職日になる)

そこで、今までも仕事をして帰ってきた夜にやっていた勉強が、それ以外の時間でもできるようになりました。

いまは、このブログ以外にも自分の行政書士事務所の案内となるホームページを作成すべく、htmlとスタイルシートに関して勉強しています。テキスト(文字)がメインになりますが、できるだけわかりやすいページを目指します。そのための手段としての勉強です。

速習Webデザイン 改訂新版 HTML &スタイルシート速習Webデザイン 改訂新版 HTML &スタイルシート
(2008/03/25)
栗原 明則

商品詳細を見る


↑これで勉強しています。

ほかには、会計業務関係の初歩の勉強、簿記に関する勉強、登記簿の読み方に関する勉強(登記に関しては司法書士の分野であるが、依頼人の権利義務に関する重要な書面なので、行政書士としても正しく読み取れなければならないと思う)
そして漢字に関すること。「読み」は問題ないが、このパソコン時代結構「書き」で忘れてしまっていることが多いので、漢検取ろうとも考えています。(現段階では手始めに漢字検定3級をとっておきました)

また、社会保険労務士の資格を取ってダブルライセンス・・ということも考えているので、そのための勉強もしないとです。仕事から解放されたとはいえ、やるべきことはたくさんありますね。

社会保険労務士は、主に労働関係のこと、そして社会保険関係のことについての職務を行うわけですが、個人的には「労働関係」の職務に興味があります。
社会人になって初めて労働者として使われたところで散々な目にあいましたから。

ほかの士業の話が出てきました。さて、それ以前に行政書士として得意分野は何ですか?
となってしまいそうですが、私は最初からそういうのを絞らずにいろいろな仕事を請け、勉強しながら仕事をこなし、徐々に得意分野を見つけていこうと思っております。

「そんなのんきな」と思われる方も多いでしょうけど、では、開業を計画する前に「まずは建設業の許認可実務の本で勉強しよう」「相続に関することについて勉強しよう」・・・ってやっていくと、いつまでたっても開業できなくて、時間ばかりが過ぎ去っていくだけ・・という結果になります。

わからないことは、仕事を進めていく上で調べていきながら、納得の行くものを作っていけばいいのではないでしょうか?
実は私もこの方法には実績があります。
私の妹夫婦が新潟市内で会社を興しています。よくパソコンに関する相談、Webに関する相談を受けます。ほとんどが答えられることですが、たまに自分も聞いたことないことを聞かれることがあります。
そんな時どうするか、まずはネットで自分で調べて、すぐに理解して、その10分後には今度は妹夫妻にわかりやすく教える・・で解決しています。

プロフィール

大塚 義行

Author:大塚 義行
平成21年4月から新潟県田上町で行政書士として開業いたしました大塚義行と申します。
(行政書士登録番号09180501号)
これに加え、平成28年10月から同所で社会保険労務士としても開業いたしました。
(社会保険労務士登録番号15160011号)

現在43歳 性別 男 身長156cm、体重54kgくらい。

昭和51年(1976年)7月24日生まれ。
平成11年(1999年)に地元の大学を卒業。

紆余曲折を経て現在に至ります。

メールアドレス gyousei_ohtsuka-office.jp
(社労士業務用)sr_ohtsuka-office.jp
(注:メールアドレス中の_を@と変えてください。スパムメール対策です。)

URL
http://gyousei.ohtsuka-office.jp/index.html
twitter
https://twitter.com/ohtsuka_office

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード