FC2ブログ

何が真実か分からなくなってきた…。

福島第一原発に関する一連の政府発表・報道についてである。

「報道」については日本のはそもそも信用していないので、海外のもののストリーミング配信やら記事を視聴・読むようにしている。

私は英語に強いわけではないので、誰かが翻訳したものを視聴して(意図的な誤訳が混じっているかどうかは判断できる)自分で考えるか、翻訳されていないものはゆっくりと何度か視聴するようにしている。
文章はネット上の機械翻訳をかけてみて、それがおおむね何のことを言っているのかを「仕分け」して、それが自分が求めている情報であれば、機械翻訳特有のヘンな訳部分をじっくり当たって自力で翻訳する。

…ところが、「日本語」で出ている情報でありながら判別が難しい話がたくさんある。これの大半は福島第一原発に絡むことである。

原子炉への注水中止命令がでたとか、原発の所長が独断で中止命令を蹴って注入し続けたとか、そもそも中止命令そのものが出ていないとか…。

福一(福島第一原発)に関する情報が異常にに出てきたタイミングが2つある。
一つは地方選挙が終わったあとで、このあとから「メルトダウン」(炉心溶融)という言葉がバンバン使われるようになった。それまではこの言葉が「放送禁止用語」並に使われず、うっかり使ってしまったときは不自然にCMに入ったりしていた。

もう一つのタイミングはこの1週間ほど前からで、IAEAの査察が入る直前に一気に出してしまおうということなのだろう。国民を煙に巻くことは出来ても、世界の専門家をごまかすことは出来ない。
もともとIAEAの目的は日本とドイツの核武装を防ぐためにこれらの国を監視するというものがある。
(他には原子力の利用の推進も目的の一つ。…なので、福一で起きたことはこれに強いブレーキをかける事故といえる)
ところは、今では監視されているはずの国の人間がIAEAのトップになっていたりする。(北朝鮮の核疑惑のときはエルバラダイという人がトップだった)
原子力に限らず国連の国際機関では、自分の出身国の利益ではなく、国際機関のために行動することが要求される。それが出来なかったらその者は解任だし、その者の出身国自身の信用をなくすことになる。

今回の件、その所長の判断が英断なのか分からない。それどころか「英断」が下されたことも分からない。
そもそも英断に至った前提自体が不明瞭である。

一つだけ明らかなのは、政府の指揮系統がめちゃくちゃでどうしようもないということ。
例えば東電がFAX送った→政府は「知らない」とか例を挙げればきりがない。
FAX送ったらそのあとでFAX送った側が「FAX届きましたか?」と電話を入れるのは当たり前のことであるが、
それすらしていないらしい。東電と政府を逆にしても同じ。
また政府側も東電に「早く情報よこせ」とほとんど言っていないらしい。それでいて、情報を出してこない東電が悪いという。組織の一番下ならともかく、組織の上でなおかつ非常事態なのに「指示待ち人間」って論外だ。

電子メールの場合でも、用件が急ぎのものであればメール送ったあとで電話するべきである。
それすら出来ていないようだ。


私のところへは「県外からの車庫証明」とか「県内からの車庫証明+移転登録」の話がよく来る。
行政書士の扱う仕事の中では最も簡単な部類に入ることであることは自覚している。
でも、こんなレベルのものでも上にあげた「エリート様」の程度ではうまくいかないのではないかと思う。

まず、県外からの車庫証明では「証明を取ろうとするところの住所を教えて欲しいorFAXして欲しい」と私が言う。
これは、市町村合併でもともと村だった地域が市や町になった場合を想定しているもので、もしその場所が元・村だったら車庫証明は不要ということになる。
県外の人が地名だけ見てここは前まで村だったなんてことを判断することは不可能だと思う。
村だった場合「ここは必要ないですよ」と返答する。「もうけ損ねる」がしょうがない。
でも、もしその確認を怠って引き受けたらどうなるだろうか?
警察提出段階で「不要」とはねられる。お客さんにどう説明するのか。これは「もうけ損ねる」ことよりも事が重大である。

移転登録(名義変更の場合)はまず変更前の車検証をFAXしてもらうことが多い。さらにこの手続きのためにすでに手に入れているものがあったのならすべてFAXしてもらう。
相手が自動車ディーラーでない限りほぼ100%どこかしらに問題がある。
移転登録の前にまず車庫証明を…というケースはこの時点で一発で判明する。(普通車の場合は必ず車庫証明が先になる)
書類はあるが古すぎるというケースがある場合もこの時点で分かる。印鑑証明書や住民票(移転登録でも必要なことがある)の期限は3ヶ月としているところが多く、これを過ぎてしまっているケースがけっこう見受けられる。

委任状の書き方を知らない人が結構いる。それどころか「委任状」がどういうものなのか知らない人も結構いる。
普通車の場合、譲受人と譲渡人の印鑑証明書に書かれた住所を正確に、印鑑は印鑑証明書のものを…と助言する。
軽自動車の場合は認印でいいが(印鑑証明書は不要、その場合住民票が必要)それらに書かれた住所を正確にと助言する。

「たかが自動車の名義変更」であってもこれだけの配慮が必要になる。
もっと難しい申請なんていくらでもある。その際はさらに細かい助言をし、自らも書類を集め、官公署とも相談しなければならない。

話を福一に関する一連のことに戻す。これに関する事はこんなことなんか比べ物にならないほど人類の英知と手間が必要になってくる。超一流の地位と学歴の人間がたくさんいるはずである。それなのに…である。

今の段階では「本当に悪いのは誰か」はほとんど明確ではないが、明確なのが1人いる。彼は今外国に行っているが、できれば二度と日本の土を踏んでもらいたくない。

大塚行政書士事務所 http://gyousei.ohtsuka-office.jp/index.html



にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



どうしてこんなに違うんだろう…。

去年の今頃、惑星探査機「はやぶさ」の帰還のオペレーションをネットにかじりついてずっと注視していた。
去年の3月の時点で6月14日に帰還するということは判明していた。

これについてはネットで検索するほうが早い。
何億キロも離れたところで「行方不明」、見つかっても(それ自体とんでもないことなのだが)探査機の状況が分からない。分からないもの健全性を確かめるために運用側があらゆる手を尽くしたという。
まず、バッテリーはあるか? 方向はどっちを向いているか? ソーラーバッテリーは発電可能か?…。
これを確認するのにわずかな指令しか送ることが出来ないので、「Yes/No」で返答できるような質問リストを効率よく作った。例えば「バッテリー電圧はどれくらいあるか?」ではなく「バッテリー電圧は30Vよりも上か?」
No→「バッテリー電圧は20Vよりも上か?」→Yes→「バッテリー電圧は25Vよりも上か?」→No→「バッテリー電圧は23Vよりも上か?」→No ここまでくるとバッテリー電圧が23V超~25V未満であることが分かる。

この単純な返答モードは以前の探査機の失敗の直前の際に無理してこういうオペレーションして苦労したので(「のぞみ」参照)はやぶさでは初めから実装していたという。

こういう質問をさまざまなことに対して行い、「バッテリー全損」「スラスター全損」「ヘンな方向向いて回転している」(ソーラーバッテリーがほとんど作動しない)「イオンエンジンの2機は動く」…などのデータを取った。
その上で地球帰還のための操作を行った…誰も目で見ていない。状況把握はこんな方法しか使えない状態で。

ところで、最近福島第一原発に関するニュースが急激に増えた。最初は「分からない」といっていた。
「遠隔操作せざるを得ない」(放射線での影響で近づけない)「データがうまく取れない」したがってコントロールできない。という意味では
数億キロのモノも数キロ~数十キロのものも根本的には変わらないと思う。

それでも一方は状況把握してコントロールし、もう一方は…状況把握はしていたらしい(これが地震から2ヶ月たって明らかになったこと)でも、コントロールできない。

原発のほうは2つの点で愚かでかつ許しがたい。第一に状況把握していたらしいことを隠蔽していたこと。
第二に状況把握しながら制御できないこと。

原発の制御については地震のすぐからアメリカなどが支援を申し出ているのにも関わらずそれを断り続けていた。

以前このブログで「エリートとエリートまがい」「ベテランとエセベテラン」の話をどこかで書いた様な気がする。
言ってしまえば、「はやぶさ」は失敗したとしても別に明日からの生活がなにか変わるわけではない。
でも、これを制御していたのは、エリート・ベテランだった。
明日から何も変わらなくても、将来そのときの経験・技術は別なことに使われるだろう。

しかし「福一」は収束させないと未来はない。
”人類にとって”悲惨なことにこれを制御しているのはエセエリート・エセベテラン(現場の人は優秀かもしれないが、意思決定に関わる人が…)であることは間違いない。
将来どうなるか…それは人類がいまだ経験していない領域にすでに突入している。
以前私は「第二次世界大戦以来の(日本の)国難」と書いたが、今の状況は「人類史上最悪」の状態だと思う。

「ニセモノ」をすべて排除して「ホンモノ」が制御をやらないと、もはや収束できないだろう。

そして人類が生き残ることが出来たら、「ニセモノ」はきっちり裁かれるべきだと思う。

大塚行政書士事務所 http://gyousei.ohtsuka-office.jp/index.html



にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

掲示板を設置しました。

当事務所玄関前に掲示板を設置いたしました。

事務所掲示板


事務所玄関前の掲示板。ガラスに映っている白い大きな建物は羽生田(はにゅうだ)小学校。

今は行政書士会のポスターだけですが、必要に応じて掲示物を増やしていこうと思います。

大塚行政書士事務所 http://gyousei.ohtsuka-office.jp/index.html



にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
プロフィール

大塚 義行

Author:大塚 義行
平成21年4月から新潟県田上町で行政書士として開業いたしました大塚義行と申します。
(行政書士登録番号09180501号)
これに加え、平成28年10月から同所で社会保険労務士としても開業いたしました。
(社会保険労務士登録番号15160011号)

現在43歳 性別 男 身長156cm、体重54kgくらい。

昭和51年(1976年)7月24日生まれ。
平成11年(1999年)に地元の大学を卒業。

紆余曲折を経て現在に至ります。

メールアドレス gyousei_ohtsuka-office.jp
(社労士業務用)sr_ohtsuka-office.jp
(注:メールアドレス中の_を@と変えてください。スパムメール対策です。)

URL
http://gyousei.ohtsuka-office.jp/index.html
twitter
https://twitter.com/ohtsuka_office

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード