FC2ブログ

死者名義の携帯電話の解約のために奔走

ニュースサイトhttp://news.nicovideo.jp/watch/nw1328013?ver=video_q

にある話。
外国において、携帯電話の契約者が死亡した。
解約するには本人でないとだめだが、本人が死亡したことを証明するものを持ってくれば解約に応じると携帯電話ショップが言った。

配偶者が火葬場の請求書や、本人の骨壺まで持っていったがそれでも拒否された。
一方携帯電話代は請求され続けた。

どうやっても請求がとまらないので、配偶者本人パニックを起して、体調を崩してしまった。

数ヵ月後、携帯電話会社はその配偶者に手続きの行き違いを陳謝し、解約手続きは完了した。

というニュースである。

このニュースについてツイッターなどで意見を書き込めるようになっているが、
それを見る限り、ほとんどの人がその配偶者に同情的で、携帯電話会社に不信感を感じているようだった。

私はこのニュースとその反応を読んで、「本人の死亡を証明する公的なもの」に使えるものにどのようなものがあるのか知らない人が非常に多いと正直愕然とした。

死者のお骨の入った骨壷なんて論外である。火葬場の請求書だって、火葬者の名前ももしかするとあるかもしれないが、その名前の人と契約者が同一人物である証明が出来ない。
日本の場合、死亡地の市区町村役場に死亡届を出すと、埋葬許可書と火葬許可書をくれる。と、同時に本人の戸籍に死亡の年月日、時刻、「除籍」の文字が入る。

このニュースは外国の話だが、日本で同様のケースを考えるならば、
配偶者が死者も記載されている戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)をとればそれだけで終わる話である。そこに本人死亡の事実が記載されている。

また、死亡すると住民票からも除かれるが、住民票から除かれたという事実が分かる
「住民票の除票」というのに記載が移る。これ取ってもよい。

これらは公的な書面なので、携帯電話店で受け付けてくれるはずである。

実は携帯電話のケースはまだ簡単なほうで、自動車の所有者が死亡したケースで普通の方法で廃車手続きが出来ずに自動車税だけかかり続けるとか、よくある話だったりする。

しばしば行政書士は「最近はいろいろな手続きを役所などがネットで紹介しているんだから、別にいなくてもいいんじゃないのか」などといわれることがある。

自分でそういう手続きが出来、またははじめは知らなかったとしても、あちこちまわって情報やモノを収集できる能力がある人ばかりならそうなのかもしれない。

だけど、そうでない人だってかなりいる。「役所」というのが(なぜか)嫌いだとか、こういったものに関する思考が苦手な人、体に障害があるとか、高齢で動くのが難しいなどである。

だからといって、誰かに文句を言っても状況はよくならない。
なので、誰かしらにどうすればいいか相談できるようにしておく体制を作っておいたほうがいいだろうと思う。


大塚行政書士事務所 http://gyousei.ohtsuka-office.jp/index.html



にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



組体操と聞いて…

…というニュースをネットで読んだ。
内容は組体操がより大規模により高く人を重ねるようになってきて、
それが事故の原因になっているということであった。

たとえばピラミッド型に人を乗せていくというものがある。
3段くらいにしておけばまだいいだろうに、9段10段というのも登場してきているという。このピラミッドの高さは7mにも及ぶという。

実際死亡や障害を残す事故も少なくないようである。

私の小中学校時代では棒倒しや騎馬戦はやったが、これらは「危険だ」とのことで
今はほとんどやられてないらしい。確かにこれらもけが人はでた。
だが、このピラミッドよりもはるかにましなのは明らかである。

そんなの想像してみればわかるはずだ。多段ピラミッドの一番下にどれくらいの負荷がかかるのか、上の人がどれだけの高さから落下することになるのか。

組体操と9段10段云々を聞いて真っ先に思いついたのは、「戦闘(バトル)モノ漫画の戦闘力インフレ」であった。

読んでいる人はもっと強い刺激を作品に求める。それで漫画が売れるようになれば、
出版社の編集あたりも、もっと刺激の強いものを漫画家に描かせるようになる。

かくして、車のドアをへこませる程度の力しかなかった「かめはめ波」がいつしか惑星を破壊するようになるようになったりする。

だが、ストーリーは単調になり、また類似の作品が出てきたこともあって、その作品の人気はだんだん下がっていった。
私はその漫画家が悪いとは思わない、むしろ「ストーリーよりも、もっと強い刺激を!」とやってきた誰かが悪い。

そういう漫画は、最後には不人気により打ち切りか、作者が投げて(そういう風に見える)終わってしまう。

その漫画が完結してから10年以上たって、最近その作者がその当時の心境を語ったことがあるが、「あのあたりでもうやめたかった」と言っていた。この「あのあたり」は私がその作品を見なくなったときとほぼ一致する。

まぁ、漫画なら現実に誰かが死ぬわけではないので、それはそれで仕方がないかもしれない。

しかしこういう組体操みたいなのの場合は、「なくせ」とまでは言わないが、限度を考えろとは言いたくなる。

でも、それが出来ない流れのようなものが出来ちゃっているのだろう。
生徒自ら「高いのを作りたい」ではなく、教員とかそれ以上の人が「高いのを作らせたい」になってしまっているのではないか。
「(高さ)1メートルは一命取る」という高所作業をしている人たちの格言がある。
仮にこれを教員以上に聞かせても…だめだろうなと思う。そう思う理由はいろいろあるが、長くなるので省略する。


組体操のピラミッドは3段くらいでもいいんじゃないだろうか。
体育の授業であるから各生徒について評価しなければならないが、姿勢がきちんと出来ているか、上にいる人をきちんと支えていられているか、上の人はバランスがきちんと取れているか…などである。

今はデジカメがある。それで記録しておけば、各チームのピラミッドを全体的に評価することも出来るし、個別に評価することも出来るはずだ。

「体育」が暴走して「体逝く」にしてはならない。

大塚行政書士事務所 http://gyousei.ohtsuka-office.jp/index.html



にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
プロフィール

大塚 義行

Author:大塚 義行
平成21年4月から新潟県田上町で行政書士として開業いたしました大塚義行と申します。
(行政書士登録番号09180501号)
これに加え、平成28年10月から同所で社会保険労務士としても開業いたしました。
(社会保険労務士登録番号15160011号)

現在43歳 性別 男 身長156cm、体重54kgくらい。

昭和51年(1976年)7月24日生まれ。
平成11年(1999年)に地元の大学を卒業。

紆余曲折を経て現在に至ります。

メールアドレス gyousei_ohtsuka-office.jp
(社労士業務用)sr_ohtsuka-office.jp
(注:メールアドレス中の_を@と変えてください。スパムメール対策です。)

URL
http://gyousei.ohtsuka-office.jp/index.html
twitter
https://twitter.com/ohtsuka_office

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード