FC2ブログ

申請取次関係研修会

17日金曜日に東京で「申請取次関係研修会」を受けてきた。

何を取り次ぐかというと、外国人の日本への入国に際して必要なことを本人に代わって入国管理局などに対して行う申請を取り次ぐ。

本来は日本に入国する(した)外国人や、日本に住んでいる外国人が一度出国してまた日本に再入国するには本人が入国管理局に出頭して審査を受けなければならない。

しかし、これを完全に原則どおりに行うと入管はいつも混雑するし、外国人も困る。
そこで、一定の資格を持った弁護士・行政書士に「申請取次」の資格を与え、この者にその外国人に関する手続きをさせることにより、外国人本人の出頭を免除しようというのがこの制度の趣旨である。

「国際化社会」と言われて久しい。善良な外国人が日本に来てくれるのは観光業や技術発展のために大歓迎である。
しかし、悪事を企てるために入国をたくらむ外国人もいる。これは断固阻止しなければならない。

一般的になにかで利益を得ようとするのであれば、利益を得ようとする側から行動を起こすのが通常である。
だから、官公署に対して「税金や年金を滞納するとすぐにお役所が動くのに、年金をもらえるようになったときはなかなか年金事務所(旧・社会保険事務所)は動いてくれない」などと批判する人もいるが、上記原則から言うと筋違いである。

なので外国人が日本に入国しようとするときなども外国人のほうから積極的に行動しなければならない。
…が、この手続きは日本語が分かっている人間でも難しい。ましてや日本語がよく分からない外国人にとってはなおのこと難しい。そのことで善良な外国人が不利益を受けるのは人権問題といってもいい。

そこで申請取次の資格を持った者が必要とされてくる。

実際の講義の内容は非常に難解でここで書くと超長文になる。なので割愛させてもらう。

ちなみに、今回は受講者が700人近くおり、しかも北は北海道から南は沖縄まで文字通り全国の行政書士が受講しに来ていた。
通常はこの半分程度くらいだし、文字通り全国から集まってくることもない。なにも東京でしか講習をやっているわけではないからである。
こんな風になったのは、この行政書士連合会が行うこの研修会の方式に次回から変更がなされるからである。
ニュースでも何度も報じられているように、不法入国・滞在をし摘発される外国人、違法であることを知りながら関係書類を偽造するなどしてこれを幇助した申請取次資格者などの摘発が近年続発している。

そこで、次回の新規に申請取次者資格者になろうとする研修から研修の最後に試験を科すことにし、一定水準を満たせなかったものには修了書を出さないこととした。(つまり、不合格になると再度初めから受けなければならない)

だから今回の研修は「駆け込み」が多かったというわけである。
ちなみに私の場合は、去年の段階ではまだ開業から6ヶ月たっていなかったから受けなかった。特に開業直後はお金がかかるものである。新潟から東京までの交通費も結構馬鹿にならない。

今回受けることにしたのは、「駆け込み」というよりも、私のところにも申請取次の相談がきたことがあったからである。そのときのケースはすでに申請取次の資格を持つ先生を紹介した。

今回の研修は10:00~17:00までの長丁場であったが、覚えるべき内容が多すぎて個人的にはこれだけでは不足だと思う。この不足分は自ら補わなければならない。
知識が不十分なままこの業務を行うと、誤った処理をした際に、まっとうに生活している外国人の人生を狂わせ(本来日本で就職できるはずだったのに出来なくなる。日本人配偶者とその子どもに会えなくなるなど)また、悪質な外国人を入国させてしまうことにより、間接的に悪事に加担してしまうこともありうる。
特に後者の場合、「相手が嘘を付いているなんて知らなかった(だから自分は悪くない)」は通用しない。

前者の場合も後者の場合も、自分自身の問題だけではすまない。行政書士そのものの信頼を失墜させ、多くの人に迷惑をかける可能性が大いにある。

なので、この仕事をするに当たっては、十分な知識を持つこと。そして絶対に誘惑や脅迫に屈しないことが必要であると思う。


さて、今回この会場まで行くに当たっては、行きは新幹線で帰りは高速バスを使った。
高速バスにいたっては今回がはじめてである。

最近は便利になったもので、新幹線も高速バスもネット上で予約を行うことが出来る。クレジットカードを使うことが出来ればよりスムーズに行うことが出来る。
これに関する情報は検索エンジンで「新幹線 予約」「高速バス 予約」などで調べればすぐに得ることが出来るであろう。

新幹線のほうはネット上で予約を行い、一定の大きさ以上の駅の券売機で画面にタッチしたりクレジットカードを入れるだけで購入することが出来る。
高速バスのほうは、コンビニの端末で同様のことをして出てきた紙をレジに持っていけばあとは店員さんがチケットを出力してくれる。ちなみに新幹線のと同じクレジットカードを使って購入した。そのほうが金銭管理がやりやすいからである。
帰りに高速バスを選んだのは、単に「安いから」 行きは時間的にきついので新幹線にし、帰りは新幹線の倍以上の4時間半ほどかかるが、金額としては新幹線の特急料金相当を浮かせられるのでこちらにした。
新幹線は自由席だが、平日の朝から燕三条駅から乗車して終点の東京駅まで行くので、確実に席に座ることが出来る。いつかは「グリーン車でノートパソコンで仕事しながら移動」する必要のあるくらい忙しい人間になりたいものである。(ただ単に忙しいだけなのは御免だが)
いまはもちろんそんなことはないので自由席で十分である。

帰りの高速バスはもともと完全予約制で10日前に予約した際にはあと5席しか残っていなかった。
一般道の路線バスのようにつり革につかまって…などというのはありえない。だからこちらも必ず座ることが出来る。

新潟県人である私にとって東京の路線や駅構内はまさに迷路である。
研修の案内に乗り換えは書いてあったが、それでも不安になるくらい駅内が広い上に複雑だった。

今までやったゲームのマップやダンジョン(地下や塔等で迷路状のものをいう)はいまだにほとんど覚えているが東京の路線や駅構内の構造はとても覚えられそうにない。

実際に行ってみるとあっさりと目的地点を見つけられたが、ほとんど行ったことないところで時間ぎりぎりのスケジュールを組むのはいいこととはいえない。なので、余裕を持ってスケジュールを組んでいたが正解だったと思う。

池袋から19時発の高速バスに乗り、三条燕で降りたのは23時15分ごろであった。その後、燕三条駅に停めていたNS50Fに乗るまで10分以上歩き、家に着いたのは0時を過ぎてからであった。
(家から燕三条駅までは車ではなくバイクを使った。駐車料金を少し浮かせたかったのと、ちょうど車の車検の時期が来ていたからで、私が新潟にいない間に車検をしてもらった)
(なお「燕三条」と「三条燕」の二つの表記があるが、これは誤記ではない。「燕三条」表記なのは上越新幹線の駅とJR弥彦線の駅で、「三条燕」表記なのは北陸自動車道のICと高速バスのバス停名である。この地点は三条市と燕市の市境に近い)

今後は研修会終了時に交付された修了書などの書面をそろえて行政書士会に申請取次を行うための申請をすることになる。もちろんその間も、その後も勉強は欠かすことはできない。勉強が十分であると思えるようになってから業務用ページに申請取次のことを載せるつもりである。


大塚行政書士事務所 http://gyousei.ohtsuka-office.jp/index.html



にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

おはようございます。
研修おつかれさまでした。
入管は最近では本当に注意してかからないと、悪質なブローカーにひっかかってしまうことになるので、身元の確認はしっかりと行った方が良いです。

今後も共に勉強に励みましょう。

No title

>雪風さん
ありがとうございます。この前お借りした本、大変役に立ちました。事前に勉強しているのとしていないのとでは理解度にかなりの差が出ますね。(それでも大変でしたが…)

入管は、車関係と違ってそういう「悪意」の存在に注意しないとですね。通常車関係は書類を改ざんして、正式に車を自分の所有にしよう、そのために行政書士を「利用」しようとかって事態、まず想定できないわけですから。

いつまでもお借りしているわけにはいかないので、今度の研修会あたりでお返ししようと思います。
自分は最新版の本を買い、徹底的に勉強しようと思います。(最近の改正多いですし)

No title

車庫証明も・・・車庫飛ばしってのがあるみたいですね。以前に他県の先生と話をしたときに気をつけろと言われたことがあります。
はっきり言ってその辺の見極めが難しい所ではありますが。
風営にしても予め前金で利益分は確保しないと危険だと言うことも身をもって感じましたし、内容証明なんかでも、依頼人から危険な文言を入れてくれと言われることもあります。
いろんな所に注意が必要ですね。正直報酬額も上げたい所ですが・・・
今日は朝から体がだるいので、契約書2件作ったら後はサボります。

No title

>雪風さん

車庫証明に関しても、「車庫飛ばし」が存在することは聞いたことがあります。
なので、私の場合は依頼人が行政書士の場合は検索で調べますし、ディーラーさんなどの場合はgoogleなどで検索をし、そこのページか、なければ「○○県の中古車販売店紹介ページ」のようなところを探して、係ってきた電話番号とそのページの電話番号が一致するか調べます。

あとは、ほかの先生のページ(ブログ含む)を拝見していると、明らかに実地調査を省略しているケースがあり、これは危険だなと思います。私の場合は絶対に実地調査は行いますし、申請者の敷地内が駐車場の場合は申請者にも連絡を取るようにしています。
(これは、いきなり調査すると「自宅の近くにヘンな人がうろついている」ように見られる危険性を避けるためです)

内容証明は公的に文書内容が残ってしまうので(それが内容証明をつかう目的なのですが)そこに脅迫とも取れるような文言を入れたら、脅迫罪の幇助犯扱いですからね…。脅迫罪は、相手が怖いと思ったらそれで成立ですから…。
もっとも、例えば債務者が不誠実で「金返せ」という内容証明の場合、債権者の立場からすれば過激なことを書きたくなるのも分からんではないんですけどね(汗)

お借りした2冊の本、何度か読みました。
やっぱり難しいですね。法改正も頻繁ですし、すでに古い内容になってしまっているところも結構ありますが、
入管のシステムの全体把握に大変役に立ちました。

申請取次の申請は火曜日に行いましたが、実際にこれが出来るようになってからすぐにでもこの業務できるように勉強するための本は手配しました。
…申請取次講習会場のパンフに載っていた本だったりします。
プロフィール

大塚 義行

Author:大塚 義行
平成21年4月から新潟県田上町で行政書士として開業いたしました大塚義行と申します。
(行政書士登録番号09180501号)
これに加え、平成28年10月から同所で社会保険労務士としても開業いたしました。
(社会保険労務士登録番号15160011号)

現在43歳 性別 男 身長156cm、体重54kgくらい。

昭和51年(1976年)7月24日生まれ。
平成11年(1999年)に地元の大学を卒業。

紆余曲折を経て現在に至ります。

メールアドレス gyousei_ohtsuka-office.jp
(社労士業務用)sr_ohtsuka-office.jp
(注:メールアドレス中の_を@と変えてください。スパムメール対策です。)

URL
http://gyousei.ohtsuka-office.jp/index.html
twitter
https://twitter.com/ohtsuka_office

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード