FC2ブログ

行政書士としての第一歩

4月2日から正式に「行政書士の大塚義行です」と名乗ることができるようになりました。

なので、この日は銀行へ業務用の口座を作りに行きました。その際の書類には
「職業・勤務先」の欄に「行政書士・大塚行政書士事務所」と書きました。

もう一つ、日本郵便の「e内容証明」を使えるように手続きをし、これの専用ソフトをインストールしておきました。これにより、ワープロソフトで作成した文書を日本郵便のサーバに送り、それを日本郵便側で印刷して、1通はあて先に、もう1通は差出人に・・そしてこの内容が5年間公証されるわけです。

次の日3日には、行政書士事務所の看板を作ってもらいに行きました。
この看板はステンレスの板が二枚入っているものを木枠で固定したもので、まだまっさらな状態でした。なお、ステンレスの板は金物屋さん(金属加工屋さん)で、木枠は大工をしている父親に作ってもらいました。

ここに文字だけをデザイン屋さんに依頼して入れてもらうことにしました。

私はデザインセンスと言うか、文字のバランスがいいとか悪いとか判断するのが苦手です。
なので、派手にする必要はないが、バランスのいい感じでお願いをした。

このステンレスの看板は同じものを2枚作ってもらうことにしました。

ここで初めて「行政書士 大塚義行」という名刺を作成して、デザイン屋さんにお渡ししました。
一般的に士業の場合、名刺は地味なもので、多くても色は2色程度ですが、デザイン屋さんなどは名刺のデザインそのものが自分にとっての「芸術」であり「アピール」であるので、凝ったつくりのものが多いようです。このデザイン屋さんもこの例に漏れず、大変きれいな名刺でした。

看板がなければ開業してはいけないというわけではないので、(ただし、開業後しばらくの間にはあげなければならない)まずは、登録証受領→職印作成→看板掲示という順番になるかと思います。

それにしても、こんなときに車って便利だな・・っていまさらながらに思いました。

そして、例によってデザイン屋さんにも「行政書士ってどんなことをするのか」って聞かれました。
多くの人は「マジですっげー・・でも、なにをやっているのかよくわからない」という感じのようです。

このデザイン屋さんも「凄いですね~」から私が話をするうちに「マジですっげー」って言い方に変わってきました。社交辞令からそうでないものに変わってきた・・という感じがしました。

私としては、むしろ「過大評価なんじゃないか?」と思ってしまうのですが・・。

また、先ほど行政書士会のデータベースで検索したところ、無事に私の名前が載っていました。

http://www.gyosei.or.jp/search/search.cgi
で、新潟 田上で検索すれば一目瞭然です。

登録番号は09180501号です。
上から2桁は西暦の下から2桁、次の2桁の18は新潟行政書士会所属を意味するようです。


にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

大塚 義行

Author:大塚 義行
平成21年4月から新潟県田上町で行政書士として開業いたしました大塚義行と申します。
(行政書士登録番号09180501号)
これに加え、平成28年10月から同所で社会保険労務士としても開業いたしました。
(社会保険労務士登録番号15160011号)

現在43歳 性別 男 身長156cm、体重54kgくらい。

昭和51年(1976年)7月24日生まれ。
平成11年(1999年)に地元の大学を卒業。

紆余曲折を経て現在に至ります。

メールアドレス gyousei_ohtsuka-office.jp
(社労士業務用)sr_ohtsuka-office.jp
(注:メールアドレス中の_を@と変えてください。スパムメール対策です。)

URL
http://gyousei.ohtsuka-office.jp/index.html
twitter
https://twitter.com/ohtsuka_office

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード