FC2ブログ

恩師の奥さんに電話してみました

先週土曜日に、年賀状に記載されていた電話番号を元に、先生の家に電話してみた。
最初に「○○ゼミ2期生の大塚義行と申します」と名乗り、
そして、「10年前にご自宅にお伺いしたことがあります。多分、男の学生としてはもっとも身長が低い教え子だったと思います」
これだけで、私のことを思い出してくださったようであった。(身長低いのも、こういうときは悪くないと思う)

まずは、今回の件は大学報で知ったということと、お悔やみを申し上げた。

奥さんは、先生の病状の進行と、最期の数日間のことを話してくださった。

そして「大塚さんがお電話くださったことは、夫に報告を・・」とおっしゃったので、私は
「報告ついでに、もう一つご報告をお願いしたいことがあります。
本年4月2日から行政書士として開業いたしました」

奥さんの驚きは大変なものだったようで、・・でも、やっぱり「行政書士ってどんなことをする人なの」
という質問に答えることにった。
まず、お役所に提出する書類の作成代理、そしてその書類の提出代理・・そして、契約書を作成したり、”相続にかかわることも行います。”

私はこれを言った瞬間に「今回の件は、「ビジネスチャンスだ」という思考をまったく働かせていなかった」ことに気がついた。曲りなりに「経営者」としては失格だろうが、今回の場合、恩師とその教え子という関係を考えると、けっして人道的には悪いことだとは思わない。
むしろ、恩師の死を知る→ビジネスチャンスが到来! と即座に考えるほうがはるかに人道に反すると思う。

身内が不幸に見舞われると、相続のことにまで頭が回らなくなることが多く、その結果として各種手続きが遅れたり、どうしたらいいか分からなくなったりすることが多い。
今回の件もそういう状況のようであった。

私の祖父のときは、家は祖父の息子(私の叔父)のものだったので、問題にはならなかったが、
今回の場合は建物の名義変更が必要になる。これは司法書士の先生でないと難しい。
さらに、車をお持ちのはずなので、これの名義変更もしなければならない。これは私ができる。
このどちらをするにせよ、「遺産分割協議書」を作成しなければならず、そのためには除籍謄本、戸籍謄本、かなりのものを取り寄せなければならない。
除籍謄本で法定相続人を見つけて、その相続人ごとにさらに戸籍をとらなければならない。
ほとんどが郵送請求になるであろう。

考えることが山ほどある。ありすぎる。それを身内をなくしたばかりの人たちにすぐにやれというのは酷なものである。だからこそ、私のような人間(行政書士)がいるわけだが・・・。

奥さんからは私の電話番号を聞かれ、後日改めて相談するかもしれないと言われた。
先生の息子さんなどのつてでいい専門家を見つけて手続きできればそれはそれでよし、そうでなければ私のところに来る可能性は高い。なので、念のために「相続が原因となる自動車の移転登記」や遺産分割協議書に関することを調べておいた。

大塚行政書士事務所 http://gyousei.ohtsuka-office.jp/index.html



にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

大塚 義行

Author:大塚 義行
平成21年4月から新潟県田上町で行政書士として開業いたしました大塚義行と申します。
(行政書士登録番号09180501号)
これに加え、平成28年10月から同所で社会保険労務士としても開業いたしました。
(社会保険労務士登録番号15160011号)

現在43歳 性別 男 身長156cm、体重54kgくらい。

昭和51年(1976年)7月24日生まれ。
平成11年(1999年)に地元の大学を卒業。

紆余曲折を経て現在に至ります。

メールアドレス gyousei_ohtsuka-office.jp
(社労士業務用)sr_ohtsuka-office.jp
(注:メールアドレス中の_を@と変えてください。スパムメール対策です。)

URL
http://gyousei.ohtsuka-office.jp/index.html
twitter
https://twitter.com/ohtsuka_office

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード